ゴッソリとムダ毛を処理できる全身脱毛|メリットが盛り沢山

医療レーザー脱毛の種類

レーザー脱毛器

脱毛の種類の中に医療レーザー脱毛があります。病院やクリニックで施術が行える医療レーザー脱毛は医療としての脱毛になっているため、エステサロンで行なう脱毛と異なり効果的な脱毛をすることが出来ます。また、感じる痛みも少なくて医療による脱毛のため、安全に施術を行なえるでしょう。施術する人もスタッフではなくてちゃんと医師になりますので、万が一トラブルが発生した場合は迅速な対応を期待できます。医療レーザー脱毛は毛の色である黒いメラニン色素に反応する波長のレーザーを当てると、黒い毛が熱に吸収されて、毛根に集中し、毛根の組織を破壊してしまいます。この毛根は発毛の中枢になるので、一度破壊してしまうと新しい毛は生えなくなります。また、黒い部分にしか反応しないため、周りの皮膚を傷つけてしまう心配もありません。

この医療レーザー脱毛ですが、様々な種類があります。クリニックごとで使用している機器や施術内容に違いがありますので、前もって把握しておくと便利でしょう。まず1つ目にダイオートレーザーがあります。この医療レーザー脱毛は他のものと比べると、照射範囲が広くて短時間で効率よく脱毛をすることが可能となっています。痛みもあまり感じることもなく低刺激で肌にも安心です。安全にケアを行なえるでしょう。次にアレキサンドライトレーザーがあります。こちらは、冷却風や冷却ガスを皮膚に吹き付けて、冷却を行ないながらレーザーを当てていきます。また、皮膚を冷却品しながら行なうので、痛みが軽減されるでしょう。それに加えて、レーザーを照射するときにジェルを必要しないので、ジェルによるアレルギーが発生しないのも特徴です。